Excel

For~Next(Excel VBA)

Kuni.W

用途(For ~ Next)

繰り返し処理をする場合、いくつかの方法があります。
繰り返しの回数がわかっている、もしくはカウントして取得ができる場合、【For ~ Next】が使えます。

使い方(For ~ Next)

For カウンタ変数 = 開始値 to 終了値

 <繰り返しする処理>

Next カウンタ変数

サンプル(For ~ Next)

For i = 1 to 10
 '<繰り返し処理>
Next i

繰り返し処理の中で削除処理には注意点があります。

削除すると行数が変わってしまうので、ただしく行数が取得できません。
正順(1から増える)では処理できませんので、以下の通り、終了値の後ろにstep -1 と記載することで、最大から逆順に減算処理することが必要です。(忘れがちなので注意!)

For i = 1 to 10 step -1
 '<繰り返し処理>
Next i

繰り返し処理の部分にIf分や同じく繰り返し処理を使うことも可能です。

終了値や開始値にも変数を使うことで、可変に処理することが出来ます。

ABOUT ME
記事URLをコピーしました