Excel

プログラミング の基礎 関数 の 比較 (VBA/Python/JavaScript)

Kuni.W

VBA/Python/JavaScriptの 比較 を作ってみました。どれか一つの言語が分かっていれば、他言語への展開は簡単なのでしょうか?SEとして プログラミング が記述できなくても 関数 の意味が理解できるようになることは、有益だと思います。

スポンサーリンク


描画・ダイアログの比較

画面表示

JavaScriptはHTML画面への出力とコンソール画面への出力がある。

言語 ソースコード 備考
Excel
VBA
【NA】  
Python print(“Hello Python”)  
Java
Script
document.write(“Hello JavaScript”);
  or
console.log(“Hello JavaScript”);
document.writeは
html画面に出力
console.logは
console画面に出力

ダイアログ表示

言語 ソースコード 備考
Excel
VBA
msgbox “Hello ExcelVBA” yes/noなどの
分岐制御も
オプションで可
Python 【N/A】  
Java
Script
alert(“Hello JavaScript”);  

データ型・種類の比較

言語 データ型 サンプル
Excel
VBA
【多種類】 リンク
Python int
floot
str
builtin_function_or_method
type(100)
type(3.14)
type(“ABC”)
type(print)
Java
Script
object Number
object Number
object String
object Function
object.prototype.tostring.call(100)
object.prototype.tostring.call(3.14)
object.prototype.tostring.call(“ABC”)
object.prototype.tostring.call(alert)

処理

変数の宣言

言語 処理 備考
Excel
VBA
DIm Hensuu As 〇〇
〇〇 = 1234
データ型によって
宣言指定必要
Python 〇〇=12,△△=34 データ型は
自動判断
Java
Script
let 〇〇=12,△△=34; letを記載しないと
グローバル変数
となる

比較

Excel
VBA
記号 説明
代入演算子 = A=1 ‘Aに1を代入
等価演算子 ==  
厳密等価演算子 ===  
比較 < , > 1<=2 ‘比較可
Pyton 記号 説明
代入演算子 = A=1 #Aに1を代入
等価演算子 == 1==1 #True
厳密等価演算子 === 【N/A】
比較 < , > 1<=5<=10 #比較可
Java
Script
記号 説明
代入演算子 = A=1 //Aに1を代入
等価演算子 == 1==1 //True
厳密等価演算子 === 1===”1″ //False
比較 < , > 1<=5<=10 //Error
1<=5 && 5<=10 //比較可
// ↑ &&は論理演算子

三項演算子

言語 ソースコード 備考
Excel
VBA
If Tensuu >=80 then
msgbox “合格”
Else
msgbox “不合格”
End If
宣言は割愛
Python print
(“合格” if Tensuu >=80 else “不合格”)
 
Java
Script
console.log
(Tensuu >=80 ? “合格” : “不合格”);
 

【参考】:ライブラリ(外部リンク)

Python

https://docs.python.org/3/library/index.html

JavaScript

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects

ABOUT ME
記事URLをコピーしました