SQL

SQL の 基本 INSERT で新たなデータを追加しよう!

Kuni.W

SQL を使えば、データベースのデータの更新も可能です。データの挿入 INSERT はデータベースの更新の 基本 文となりますので、ぜひ覚えていきましょう。INSERTは、既存データを編集することなく、追加するものですので、一番使われるものではないでしょうか?

スポンサーリンク

INSERT INTO ~ VALUES (挿入)

カラム指定有り

INSERT INTO テーブルA(カラム1,カラム2) VALUES(値1,値2);

意味:Aというテーブルに、カラム1に値1,カラム2に値2をセットし、挿入する。

テーブル名を指定した後の値は、項目であり、項目順に値をセットする形です。

なお、テーブルのカラム順(並び)と指定した順番は関係しないのですが、指定したカラムと値の順番(並び)がリンクしているので、注意が必要です。

例えば、前述のサンプルと下記サンプルは同じ結果が得られます。

INSERT INTO テーブルA(カラム2,カラム1) VALUES(値2,値1);

カラム指定無し

テーブルのカラムを指定しない方法もあります。

ただ、テーブルのカラムの順番(並び)と合わせる必要がありますので、どちらを使うかは適宜判断する必要がありますね。

INSERT INTO テーブルA VALUES(値1,値2);

上記結果では、テーブルの一つ目のカラムに値1が、二つ目のカラムに値2が設定され挿入されます。

INSERT INTO テーブルA VALUES(値2,値1);

上記結果では、テーブルの一つ目のカラムに値2が、二つ目のカラムに値1が設定され挿入されます。

結果が異なることに注意が必要です。

注意点

そのほかにも、注意する点があります。以下に列挙します。

①数値以外は、シングルクォーテーションで挟む

なお、数値以外の値をセットする場合は、シングルクォーテーション( ‘ )で挟む必要がああります。

シングルクォーテーションで挟めば、数値も文字列の値として、テーブルに挿入されます。

②デフォルト値の指定

テーブルの定義されたカラムと、挿入時のカラム・値の数が一致しなかった場合、どうなるのでしょう。

特に指定しなければ、NULL値が入りますが、テーブル作成時に指定することで、デフォルト値をコントロールすることが出来ます。

CREATE TABLE テーブルA( ~,~,カラム3 integer DEFAULT 0);

テーブルを定義する際に、項目とデータ型を指定するのですが、その際に DEFAULT を指定すると、数値や値をDEFAULTをに何を指定するか定義できます。

定義時に設定されていれば、INSERT文の際にDEFAULT値を設定することが出来ます。

なお、テーブルの作成については以下参考ください。

[https://way2se.ringtrees.com/sql-006/]

データ更新については、挿入以外にも更新や削除がありますが、それらについては、以下参考にしてください。

[https://way2se.ringtrees.com/sql-008/]

[https://way2se.ringtrees.com/sql-009/]

その他、SQL構文は以下にて整理分類しています。

[https://way2se.ringtrees.com/sql-001/]

ABOUT ME
記事URLをコピーしました